割印、法人割印

割印とは契約書が複数枚になる場合、1つの文書(一体の文書)であることを証明する為に、捺印する契約印の事をいいます。

契約書等に2つの書類にまたがって捺印されます。
先方様と弊社(自社)がお互いに書類の内容に同意した事を示す印となります。
印章の形は縦長の半楕円形になります。

最近は、割印の役割を代表者印【会社の実印・丸印】が担うことも多くなってきています。
会社の代表印・銀行印と別に割印を用意する通例は、現在には当てはまらないかもしれません。

※下記に、割印・契約印・消印の捺印参考例をあげています。
※割印をした契約書類は上部分を捺印してある方を先方様に渡すと失礼はないかと思います。


契約書と割印・消印

割印の形と彫刻書体見本
割印 彫刻書体見本
彫刻する書体サンプルを見る


【消印とは?】
※消印は、収入印紙が「使用済み」であることを示すもので、契約書に使用した会社実印(丸印)や割印を捺印しなくともよい。
収入印紙の再使用を防ぐ役割を担っています。


●会社印について詳しく知りたい方はこちらのページもご参考にどうぞ。
会社印の詳細を知る会社印FAQを見る
●お買物の仕方についてはこちらのページをご覧下さい。
お買い物ガイド当店のご利用案内





送料無料商品 同梱OK
6