丸印、代表者印 役職印 銀行印

会社の代表者印、実印・丸印


会社の信用は印鑑からはじまる

法人代表者印の写真

丸印は、代表者印会社役職印、会社の銀行印として使われる丸型印鑑です。

会社印 仕上げが印影の命ともいえます

    【会社の実印とは・・・】

    二重丸の外側に「会社名・組織名・団体名」等を入れ、
    内側の円内に「代表取締役印・取締役印」等の代表役職名を入れた印鑑を会社の実印と呼びます。
    法務局への届け出が必要となります。

    <会社代表者印・丸印の役職例>・・・『 / 』で改行します。
     ■株式会社の場合→代表取/締役印、代表取締/役社長印
     ■株式会社の営業所の場合→所長/之印、○○営業/所長之印
     ■有限会社の場合→代表取/締役印
     ■個人事務所の場合→代表/者印
     ■合同会社の場合→代表/社員
     ■合資会社の場合→代表/社員
     ■合名会社の場合→無限責/任社員
     ■OB会や会の場合→会長/之印、代表/之印
     と二重丸の内に入る一般的な役職名を挙げてみました、ご参考にどうぞ。


    【会社の銀行印とは・・・】

    【1】二重丸の外側に「会社名・組織名・団体名」等を入れ、
      内側の円内に「銀行之印」と入れた印鑑が会社の銀行印となります。
    【2】また一重円内に「中央に『代表取締役』、左右に『○○○○株式会社』」と振り分けて
      文字を配分します。通常は縦書き、横に入れる場合は社名のみを入れます。

    丸印・角印ともに印材の形は2種類あり、
     ●印鑑の真ん中辺りがくぼんでいる形の「天丸タイプ」
     ●真っ直ぐ円柱形の「寸胴タイプ」があります。商品詳細画面で選んで注文できます。

  ※会社印として最も重要な印鑑、きちんとした印材で永年印影が変わらない印鑑を作る事を、お奨めします。



会社印・丸印の彫刻

  高繊細彫刻機ではんこができるプロセスを簡略説明!

   (1)字入れ・・・PC画面にて印影をデザイン。
   (2)粗彫り・・・朱墨を打った印面に粗彫りをする。
   (3)本彫り・・・目を細かくさらにもう一度彫刻する。
   (4)仕上げ・・・もうちょっとではんこに、、ここから仕上げに入ります。

本当に簡単ですが、簡略するとこういう流れになります。彫刻が仕上がったら、最後に墨打ちといって黒い墨を入れて(黒水牛は朱墨)完成です。墨を打つと朱肉の余分な油分が印材にしみ込むのを防げます。


  ------------------------------------------------------------------
   ◆注文の仕方◆かんたんナビ◆
  ------------------------------------------------------------------
   【1】 プルダウンメニューから書体等を選び、ショッピングカートに商品を入れて下さい
   【2】 カート内でお客様情報をお届け先を入力、備考欄に社名や役職名を記入して下さい
   【3】 お支払い方法を選択して下さい
   【4】 注文完了! 確認メールが届きます

   ※二重丸の丸印の場合、外:社名や団体名、内:代表取締役 とご記入下さい
   ※一重丸や角印の場合は、会社名や団体名、営業所名等をご記入下さい
   ※彫刻内容(社名・役職名)は、注文時にカート内の備考欄にご記入くださいませ


綺麗で鮮明な捺印、黒水牛会社印

会社印・役職印・代表印




送料無料商品 同梱OK
23