会社角印

【角印、会社角印・法人角印】


美しい仕上げの法人印

会社の信用は印鑑からはじまる

  角印は見積書や領収書等に捺印する印鑑で、法人印の中でも一番よく使われる社印です。
  図書の蔵書印としても使用されています。
  会社用の認め印と思っていただければ分かり易いかと思います。
  会社設立時には、丸印とともに角印を作っておくと後々困る事は無いでしょう。
  ※角印は登記の必要はありません。
  ※個人で経営されている方は法務局への届け出は必須ではありません。


  ◆角印に彫刻する内容は 「会社や組織・団体の名称等」 「会社名称と、営業所名や役職名等」に
    「之」 「之印」と文字を入れてバランスをとり彫刻します。

  <例>
   ・株式会社○○○印
   ・○○○株式会社
   ・○○○株式会社△△△営業所長之印
   ・○○○デザイン事務所之印
   ・司法書士○○○○之印

   と文字数によって3行〜5行に分けて収めるのが一般的です。

   ※彫刻内容はご注文時にカート内の会社印作成内容記入欄にご記入下さいませ。
    
   ※アルファベット・英字社名の角印印影見本はこちら


角印、黒水牛写真


会社印角印のFAQ・・・よくある質問
■Q.角印や丸印の一般的な大きさを教えて下さい
□A.一番多くお作りするのは、角印 24mmと丸印 18mmとなっております。
   丸印(代表者印)は16.5mm・18mm、角印は21mm角・24mm角のサイズが一般的といえます。

■Q.角印の役割を具体的に教えて下さい
□A.主に角印は会社の認め印な役割を果たします。納品書・見積書・請求書等の書類に捺印します。

■Q.角印の社名の最後に「印」や「之印」をつける事が多いようですが、なぜですか?
□A.「印」や「之印」に特に意味はありません。社名等の納まり・バランスを調整する為に入れたりするものです。
   「印」や「之印」を入れなくとも問題はありません。

■Q.社名がカタカナなのですが何文字位まで作れるのですか?
□A.当店の価格内では、角印は30文字(6文字×5行分)、丸印の外円内は18文字位となります。
余りに文字数が多くなりますと、篆書体と古印体に限らせていただく事もございます。
また、上記の文字数以上の場合は別途お見積りをさせて戴いております。

■Q.カタカナやひら仮名・アルファベットも書体は選べるのですか?
□A.カタカナの場合は、篆書体と古印体・印相体とも印章辞林に文字はありませんので当店で作成しております。
ひら仮名の場合は、各書体に漢字文字同様にひら仮名がございます。
英文字・アルファベットは、文字がございませんので、その都度文字をお作りしています。

■Q.捨印って押す事が当り前のようですが、押していいのですか?
□A.本当は捨印として捺印する事は避けるべきです。本来は全く必要では無いものです。
銀行等の金融機関や保険会社の都合で捨印欄を用意しているだけで、その捨印を悪用する事もできるからです。
法的義務もありません。どうしてもという場合以外は断るようにすべきです。

■Q.自分でデザインした角印や丸印を作りたいのですが。
□A.お作りできます。但し表記している価格よりは3割〜5割位価格は上がります。
白い紙に黒字で書いて印稿をお送り下さいませ。 お問い合わせいただきますとお見積りを差し上げます。
イラストレーター【CS6まで対応】やフォトショップのデータでもお受けしています。

■Q.印材の「天丸」や「寸胴」タイプはなぜ2種類あるのですか?
□A.社内に何本も会社印があると判別がつかない為、印材の形で区別できるためです。
元々は印相体には「寸胴タイプ」で彫り、篆書体や古印体は「天丸タイプ」の印材に彫る習慣もありました。
しかし、現在では、そういう慣習も薄れお好みで選んでお使いいただいております。

■Q.角印はどの書体で作るのが一般的ですか?
□A.「篆書体」が一番多いです。文字が適度にくずれバランスよく納まりが綺麗なので人気があります。
読み易い印影をご希望の方には「古印体」をおすすめしています。
また、読みにくい印影をご希望の場合には「印相体・吉相体」がお薦めです。




送料無料商品 同梱OK
26